スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人材バンクのメリット

この記事では、人材バンクのメリットについて私が感じるところを書かせていただきます。


メリット 

①多数の求人を紹介してもらえるので、色々な仕事を知ることができる!!

人材バンクから色々な求人を紹介してもらうことで、

「こんな仕事あるんだぁ」とか

「この会社面白そう」とか

今まで知らなかった仕事に出会うことができます。

「自分の可能性を広げる」転職をするためにはとても良いです。

記事的にはここらへんですかね。
PASONA凄い
マイコミさん
typeさん


②一気に選考を進めて、スピーディーにたくさんの会社を受けられる!!

普通の選考であれば自分で会社を見つけて、応募書類を作って、郵送して・・・。

結構大変ですよね。

ところが、人材バンクに1回登録すると、その内容で、全て審査に出してもらうことができます。

「どうしても、短期間に決めたい」場合は非常に有効だと思います。

記事としてはここらへんですかね。

リクルートエージェント恐るべし


③キャリアアドバイザーからの指導を受けられるので、面接が上手くなっていき、合格しやすくなる

面接の結果がキャリアアドバイザーに行くので、その結果に基づいてアドバイスがもらえます。

実際今回やってみて思ったのが、面接活動には「ノウハウ」があります。

それを知らないでやっていると「大損」をします。

(今後記事にしていくつもりですが)

また、面接上の注意点なども人材バンクに蓄積されているので、そういった情報ももらうことが

できます。

そこもメリットですね。

記事としてはここらへんでしょうか。

マイコミさんからこんなものが!


とはいえ、デメリットもあります。


①成功報酬の関係で合格しにくくなる場合がある

人材バンクは、紹介した人が採用されると、企業から報酬をもらうシステムになっています。

だからこそ、利用する個人は無料なのです。相場は採用した人の年収の3割といわれています。

つまり、400万の求人でも520万くらいに見られる可能性があります。

もちろん、普通に採用したとしても、採用広告費がかかるので、そういう見方をしない企業もあります。

また、お金がある企業は余り気にしません。


②一気に選考を進めるので、個別に対応できないで落とされる場合がある

例えば、1社1社個別に進めるのであれば、1社1社時間をかけて研究して

アピールポイントを書類上から変えることができるのですが、

一気に進めると現実問題難しいところがあります。

そういう点はデメリットですね。


③キャリアアドバイザーとの相性に左右される

人材バンクは、キャリアアドバイザーによってかなり対応が違います。

そういう意味では、あわないキャリアアドバイザーに当たると余り良い結果が出ません。

これはデメリットというより、リスクですね。

以上でしょうか。


人材バンクは所詮手段なので、メリット、デメリット両方あるのは当然だと思います。

そういう意味で、上手い使いこなし方が必要になってきます。


【人材バンクの上手い使いこなし方とは?】
スポンサーサイト

2008/08/09(土) | 人材バンクを使って転職活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kanngaeru.blog32.fc2.com/tb.php/141-ab3954fe
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。